So-net無料ブログ作成


ホワイトニングなら

前の3件 | -

自分で歯を白くする方法 [自分で歯を白くする方法]

夏の日差しによく似合う芸能人のような白い歯を、今年こそ手に入れたいと思うあなた。自分で今より美しく歯を見せる方法を実践してみましょう。

まずは歯の汚れを落とそう
顔のスキンケアと同じように、まずは歯の表面についている汚れや着色をきれいに取りましょう。

市販のホワイトニング効果を謳っている歯磨き粉でも、汚れ落とし効果があるので、毎日使っていると汚れや着色が少しづつ落ちて、きれいになります。
使い込んだ歯ブラシではなく、毛先のあまり固くない新しい歯ブラシを使いましょう。
歯磨き粉は、できれば汚れ落としに効果のある研磨作用があるようなものを使用します。

おすすめのホワイトニング用歯磨き粉
★ネオG-1シルバートゥースペースト
韓国でTVショッピングで大ヒット!ナノ化した銀が歯の汚れ、雑菌、口臭のもとを消去! すすいだ後の爽快感や磨き終わった後の歯の表面のツルツル感も何ともいえずいい。リピーター率が高い。
★ビバリーヒルズフォーミュラ
イギリスBBCで放送!No.1ヒット!特殊技術によるシリカで汚れを強力に除去。磨耗性が低く、エナメル質を 傷つけることなく、歯を白くすることができる。
★ミクラーシュスーパースマイル
アメリカのセレブの間で流行中♪ステインやプラークが付着する歯の表面に形成されるプロティン・ペリクル(たんぱく質の膜)を分解して白い歯を取り戻し、口の中のざらつきをなくします。

歯ブラシは、縦横両方行に動かすように磨きましょう。
歯の汚れがしつこい時には、1回で落とそうとはせずに何回かに分けて磨くとムラなくきれいに仕上がるでしょう。
歯磨き粉で落とせるのはあくまで表面についているヤニや着色などです。
歯石、虫歯、詰めものの変色、歯と詰めものの段差の変色などは取れません。

歯のツヤを取り戻そう
歯の表面の着色や汚れなどがきれいに取れただけでも今までと違った透明感が得られますが、さらに歯を白く輝かせたいならば、歯の表面を磨いてみましょう。

●眼鏡拭きクロス
100円ショップなどでも購入できる超極細繊維でできた眼鏡拭きクロスの布に歯磨き粉をつけて磨いてみましょう。
歯の表面や被せ物などにツヤが出やすいようです。
使う歯磨き粉は、タバコのヤニを取るような強力なものではなく、なるべく歯にやさしい、微粒子タイプの研磨剤が配合されている歯磨き粉がおすすめです。
水で濡らして、軽く絞ったクロスに、歯磨き粉を少しつけて、クロスで歯の表面を擦っていきます。30秒ほどでつやが少し増す程度にします。変化が少なくても擦りすぎないように注意。
表面の艶がなくなった被せ物などにも効果があります。



共通テーマ:美容

歯に詰め物のある人のホワイトニング [歯のホワイトニングができない人]

歯の詰め物をホワイトニングで白くすることは出来ませんので、ホワイトニング後に、その色に合わせて詰めなおす必要があります。

詰め物をした後にホワイトニングをすることも可能ですが、ホワイトニングの効果には個人差があるため、一般的にはホワイトニングを先に行います。

コンポジットレジン(プラスチック)、セラミックまたは金属の詰め物のいずれかが入っているのが普通です。
これらの詰め物を白くする場合に、ホワイトニングでは無理ですから、詰め物自体を白い色のものに作り直す必要があります。

ホワイト ニングした天然の歯の部位との色調あわせがとても難しいですが、まずはホワイトニングで希望の色まで白くして、その後ホワイトニングした色にあわせて詰め物をつくります。

コンポジットレジン素材(プラスチック)の詰め物は保険も利きますが、”ブリーチシェード”と呼ばれる白い色のコンポジットレジンは扱っていない歯科医院もあるので、カウンセリング時に歯科医師に確認しましょう。

★審美歯科 ホワイトニング削らないで白く美しい歯並び



共通テーマ:美容

歯のホワイトニングに的確な審美歯科・歯科医の選び方 [歯のホワイトニングに的確な審美歯科・歯科医の選び]

芸能人のような白い歯を目指すために、自分にあったホワイトニングをしてくれる審美歯科・歯科医を探すことも大切な作業です。

歯に薬を塗って、最後に洗うだけなので歯科医師によっての腕の差が出ないのではと思いがちですが、術者によって効果の出方が大きく異なります。
あなたの歯の質や生活週間にマッチしたホワイトニングプランを組みたてられなければなりません。
個人個人のさまざまな状況に合わせて適切なホワイトニングができるかは、
どれくらいの症例を経験しているかで決まってきます。
歯のホワイトニングは歯科大学では教えないので、歯科医師が自身でどれくらい勉強したかにかかっています。

ホワイトニング経験豊富な歯科医師ならば、歯の状態を見て、生活週間をヒアリングすれば、期間や費用、痛み、白くなる程度などをだいたい予想することができるので、カウンセリングすればしっかりした答えが返ってくるものです。

また、一口にホワイトニングといってもいろいろな手法があるので、誰の歯にも同じ薬剤を同じ方法で使用するようにすすめる歯科医師は、ホワイトニングに関する知識や経験が不足しているのかもしれません。

歯のホワイトニングに的確な審美歯科・歯科医を選ぶチェックポイントとしては

ホワイトニング経験の豊富な歯科医師がいるか。
ホワイトニングを行うには、「審美歯科」であっても「サロン」であっても、歯科医院としての登録と、歯科医師がいる必要があります。担当の医師、代表の医師の名前をきちんと確認しましょう。

カウンセリングに不足はないか。
歯のチェックや、事前のクリーニング、施術後の手入れや注意事項など、納得いくまでカウンセリングはしてくれますか。「必ず白くなる」「どんな人でも白くできる」とメリットだけを伝えるクリニックには注意が必要です。知覚過敏の可能性、タッチアップの必要性について、説明はありましたか?

ホワイトニングメニューは豊富か。
ホームホワイトニング、オフィスホワイトニングやその他のメニューそれぞれのメリット、デメリットを説明した上で、あなたに選ばせてくれますか?ひとつの方法だけを押し付けてくるのは良くありません。

ホワイトニング料金は適正ですか。
ホワイトニングの料金はどこまで含まれていますか。追加料金が発生しないか、タッチアップの費用も含まれているのか、含んでなければいくらでできるのかなどを確認しましょう。

★審美歯科 ホワイトニング削らないで白く美しい歯並び

共通テーマ:美容
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。